エールフランス(英語表記)Air France

翻訳|Air France

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エールフランス
Air France

フランスを代表する航空会社。正式名称 Compagnie Nationale Air France。1933年民間航空 5社が合併して設立され,第2次世界大戦後の 1948年フランス政府が株式の 70%を保有する国営企業となった。戦後まもない 1945年にパリロンドン線を再開,1946年からはパリ―ニューヨーク線の運航を開始。そして 1976年から 2003年までイギリス・フランス共同開発の超音速旅客機コンコルドを運航した。1990年代には,当時いくつかに分かれていたエールアンテール,UTAなどの国営航空会社をエールフランス・グループに統合,1997年までにエールフランス 1社にまとめ,1999年株式の一部を公開した。21世紀に入ると,政府はエールフランスの民営化計画を進め,2004年オランダ航空の株式の大半を買い取りエールフランス‐KLMグループを形成,フランス政府の持株比率を 20%以下とした。その後も双方姉妹会社として従来どおり別個の名前で運営しながら,緊密な協力体制をとっている。パリのシャルルドゴール空港とアムステルダムのスキポール空港を拠点として,2011年初現在,世界 105ヵ国 240都市に乗り入れており,保有機は約 250機。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エールフランスの関連情報