コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーワース Ewers, Hans Heinz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーワース
Ewers, Hans Heinz

[生]1871.11.3. ジュッセルドルフ
[没]1943.6.12. ベルリン
ドイツの怪奇小説作家。 E.T.A.ホフマンや E.A.ポーの影響を受け,怪奇でエロチックな作品にその才を示した。出世作であり,数回にわたって映画化された『妖魔』 Alraune (1911) ,『吸血鬼』 Der Vampir (20) などがある。またナチスに入党 (31) するなど民族主義的な活動も目立った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エーワースの関連キーワード廃藩置県マーシャルインターナショナル新教育高田藩北海道開拓郵便切手日本科学史(年表)インターナショナル(音楽)田畑勝手作許可

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android