エーワース(英語表記)Ewers, Hans Heinz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エーワース
Ewers, Hans Heinz

[生]1871.11.3. ジュッセルドルフ
[没]1943.6.12. ベルリン
ドイツの怪奇小説作家。 E.T.A.ホフマンや E.A.ポーの影響を受け,怪奇でエロチックな作品にその才を示した。出世作であり,数回にわたって映画化された『妖魔』 Alraune (1911) ,『吸血鬼』 Der Vampir (20) などがある。またナチスに入党 (31) するなど民族主義的な活動も目立った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android