コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイラーの多面体定理 オイラーノタメンタイテイリ

3件 の用語解説(オイラーの多面体定理の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オイラー‐の‐ためんたいていり【オイラーの多面体定理】

多面体での性質として、面の数をf、頂点の数をv、辺の数をeとするとき、fve=2という関係式が成立するという定理。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

オイラーの多面体定理【Euler's polyhedron theorem】

面の交わることのない多面体において,面の数(F),頂点の数(V),および稜の数(E)の間には次のような関係がある.この式を,オイラーの公式*と呼ぶこともある.オイラー‐ポアンカレの式*も参照.

FVE+2

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オイラーのためんたいていり【オイラーの多面体定理 Euler’s theorem on polyhedra】

表面がいくつかの多角形の面からなっている立体を多面体という。とくに,多面体の面を含む平面がこの面以外では多面体と交わらないようなものを凸多面体という。一つの多面体において,その頂点の個数をα0,辺の個数をα1,面の個数をα2とするとき,α0-α1+α2をその多面体のオイラー標数(種数)という。凸多面体ではオイラー標数はつねに2になる(図1)。L.オイラーによって1752年に発見されたこの定理は位相幾何学における最初の重要な成果で,オイラーの多面体定理と呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オイラーの多面体定理の関連キーワード正多角形多面体凹多角形外接多角的凸多角形内接外接多角形内接多角形オイラー‐ポアンカレの式

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone