コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオアレチノギク Erigeron sumatrensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオアレチノギク
Erigeron sumatrensis

キク科二年草。南アメリカ原産の帰化植物日当りのよい平地,草原や路傍に生え,全草灰緑色。茎は高さ 60~150cm,粗毛短毛が生え,上半部では多数分枝する。根出葉はロゼット状で越冬し,花時には枯れる。茎葉倒披針形,長さ6~10cmで短毛が密生する。8~10月,長さ約 5mmの頭花を円錐状に多数つける。総包有毛舌状花は汚白色で筒部より短く,冠毛淡褐色痩果は落ちて容易に発芽,繁殖する。日本には 1920年頃渡来したらしく,45年以降特にふえた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オオアレチノギク

キク科の二年草。南米原産の帰化植物。道ばたや荒地にはえる。茎は直立し,高さ1〜1.5mで短毛がある。頭花は白色で,筒状の両性花とやや細い筒状の雌花からなり,夏〜秋,円錐花序をつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のオオアレチノギクの言及

【ヒメムカシヨモギ】より

…茎の上部で多数分枝し,大型の円錐花序に多数の小さな頭花をつける。頭花には小さいが白色の舌状小花があるので,オオアレチノギクConyza sumatrensis (Retz.) Walkerと区別できる。これも昭和の初期に帰化してきた越年草で,道ばたや荒地に多い。…

※「オオアレチノギク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オオアレチノギクの関連キーワードヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)ヒメムカシヨモギアレチノギク遷移

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android