コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオカミウオ Anarhichas orientalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオカミウオ
Anarhichas orientalis

スズキ目オオカミウオ科の海水魚。全長 1mをこえる。体は細長く,頭部は大きい。両顎前部にはなはだ強い円錐形の犬歯があってオオカミを連想させるのでその名がある。背鰭棘条が発達する。体は暗色北日本オホーツク海ベーリング海に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオカミウオ
おおかみうお / 狼魚
Bering wolffish
[学]Anarhichas orientalis

硬骨魚綱スズキ目オオカミウオ科に属する海水魚。新潟県、茨城県以北、オホーツク海、ベーリング海、北極海にかけて分布する。体は細長く、頭は丸い。上下両あごの前端に4~6本ずつの強大な犬歯があり、奥には臼歯(きゅうし)が並ぶ。腹びれはない。成魚の体は暗青色または暗緑色で、顕著な斑紋(はんもん)がないが、若魚には数本の褐色の縞模様がある。水深100メートル以浅の岩場にすみ、貝類の堅い殻をかみ砕き、またカニ類やエビ類もかみ切って食べる。産卵期は冬で、卵径5~6ミリメートルの大形の粘着卵を産み、直径20センチメートルぐらいの卵塊をつくる。親魚はその卵塊を体で巻いて保護する。全長1メートルぐらいになる。
 この魚は獰猛(どうもう)で奇怪な顔つきをしているので、水族館などでは人気がある。日本では食用としないが、ヨーロッパやアメリカでは切り身にして「ロックサーモン」と称して販売されている。アイヌ語で「チップカムイ」(神の魚)とよばれ、この魚がとれるとニシンが豊漁となるという言い伝えがある。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オオカミウオの関連キーワード仮面ライダーポセイドンオオカミウオ(狼魚)日本のおもな水族館裸狼魚ギンポ卵塊狼魚

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオカミウオの関連情報