コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオヒメグモ オオヒメグモ Achaearanea tepidariorum

2件 の用語解説(オオヒメグモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオヒメグモ
オオヒメグモ
Achaearanea tepidariorum

クモ綱クモ目ヒメグモ科。雌の体長5~8mm,雄は3~6mm。腹部は球形で頭胸部に比べて大きく,色彩には灰白色から赤褐色まで変異がある。人家や畜舎の内外に最も普通にみられ,縁の下や便所の隅などに,不規則に糸を張りめぐらした網をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオヒメグモ
おおひめぐも / 大姫蜘蛛
house spider
[学]Achaearanea tepidariorum

節足動物門クモ形綱真正クモ目ヒメグモ科に属するクモ。ヒメグモとはもともと小さいクモの意味であるが、そのなかでは大きいのでこの名がある。体長8ミリメートルで球状の腹部には、黒、褐、黄、白の複雑な斑紋(はんもん)がある。世界に広く分布し、日本でもごく普通にみられるクモで、屋内、山路の崖(がけ)のくぼみ、洞穴などにすむ。新築家屋にはよく入り込む。不規則な籠網(かごあみ)をつくり、下に伸びる数本の糸の先には、とりもち状の粘着物があり、下をはってきた虫がこの糸にかかると、何本かの糸をかけて釣り上げて食べる。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオヒメグモの関連キーワード草蜘蛛黄金蜘蛛小町蜘蛛子守蜘蛛戸閉蜘蛛水蜘蛛居候蜘蛛大姫蜘蛛葉蜘蛛ヒメグモ(姫蜘蛛)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オオヒメグモの関連情報