コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオヒメグモ Achaearanea tepidariorum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオヒメグモ
Achaearanea tepidariorum

クモ綱クモ目ヒメグモ科。雌の体長5~8mm,雄は3~6mm。腹部は球形で頭胸部に比べて大きく,色彩には灰白色から赤褐色まで変異がある。人家や畜舎の内外に最も普通にみられ,縁の下や便所の隅などに,不規則に糸を張りめぐらした網をつくる。網の一部の糸には地上との付着点から 1cmほどの間に粘球がついていて,それに触れた虫は宙づりにされてしまう。成体は一年中みられる。夏期に産卵し,直径6~7mmの淡褐色の卵嚢を数個網につるす。卵嚢には約 300個の卵が包まれている。世界中に分布する。 (→クモ類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオヒメグモ
おおひめぐも / 大姫蜘蛛
house spider
[学]Achaearanea tepidariorum

節足動物門クモ形綱真正クモ目ヒメグモ科に属するクモ。ヒメグモとはもともと小さいクモの意味であるが、そのなかでは大きいのでこの名がある。体長8ミリメートルで球状の腹部には、黒、褐、黄、白の複雑な斑紋(はんもん)がある。世界に広く分布し、日本でもごく普通にみられるクモで、屋内、山路の崖(がけ)のくぼみ、洞穴などにすむ。新築家屋にはよく入り込む。不規則な籠網(かごあみ)をつくり、下に伸びる数本の糸の先には、とりもち状の粘着物があり、下をはってきた虫がこの糸にかかると、何本かの糸をかけて釣り上げて食べる。[八木沼健夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android