オカチョウジガイ(英語表記)Allopeas kyotoense

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オカチョウジガイ
Allopeas kyotoense

軟体動物門腹足綱オカクチキレガイ科。高 0.8cm,殻径 0.3cm。殻は薄質,白色半透明で細長く,殻頂へ細くなる。螺層はほぼ6階で多少ふくらむ。殻表は平滑で光沢があり,弱い成長脈がある。殻口は卵形。軟体の肝臓は黄色で殻を通して見える。日本全国に広く分布し,よく似て,貝類のやや細長いホソオカチョウジガイ A.pyrgulaとともに庭園や草地の落ち葉の下や礫間にすみ,ときに花壇の苗を食害する。アメリカ東部などにも移入されすみついている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オカチョウジガイ
おかちょうじがい / 陸丁字貝
[学]Allopeas kyotoensis

軟体動物門腹足綱オカチョウジガイ科の巻き貝。日本全国のみならず台湾や中国にも分布し、陸産で田畑や庭にすみ、植木鉢の下とか、リュウゼツランの根元などにごく普通にみられる。おそらく植物に付着してと思われるが、北アメリカにも移入している。殻高8ミリメートル、殻径3ミリメートルで、殻は細長く半透明なため、軟体の殻頂部にある肝臓の黄色が透けてみえるが、死殻は白色である。花の苗などを食害する。近似種ホソオカチョウジガイA. pyrgataはさらに細長い種であるが、こちらもわが国の各地に普通にみられる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android