コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オクセンシェルナ オクセンシェルナ Oxenstjerna, Axel Gustafsson, Greve av

2件 の用語解説(オクセンシェルナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オクセンシェルナ
オクセンシェルナ
Oxenstjerna, Axel Gustafsson, Greve av

[生]1583.6.16. ウプサラ近郊
[没]1654.8.28. ストックホルム
スウェーデンの政治家。伯爵。ドイツに学ぶ。グスタフ2世の即位とともに宰相に就任 (1612) 。王に議会制専制政治の改正を強請し,国政改革案を実行させた。他方,前王から引継いだデンマークロシアとの戦争を和議によって終結し,次いでポーランドへ侵入,グスタフ王の軍事的勝利を,外交によってバルト海東岸一帯をスウェーデン領として固めた (アルトマルクの休戦条約) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オクセンシェルナの関連キーワードウプサラウプサラ学派ウプサラ大学ウプサラ城ウプサラ大聖堂ウプサラ氷河ガムラウプサラウプサラ天文台ガムラ・ウプサラ古ウプサラ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone