コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身分制議会 みぶんせいぎかいEstates-General; Assembly of Estates; Ständeversammlung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

身分制議会
みぶんせいぎかい
Estates-General; Assembly of Estates; Ständeversammlung

等族会議とも呼ばれる。中世末期のヨーロッパ各国で形成された身分別編成の議会。中世末期以来,国王 (神聖ローマ帝国では領邦君主) が中央集権体制を打立てる際,直轄領収入ではまかないきれない資金調達の必要から,家臣,教会,都市に臨時税を賦課した。これに対し貴族聖職者,主として都市のブルジョアジー代表していた市民などの特権諸身分は,国王の恣意的課税を認めず,租税承認権,ひいては国政参与権を要求した。こうしてできたのが諸身分を代表する議会で,イギリスの初期議会,フランス三部会 (→全国三部会 ) ,ドイツ領邦国家の領邦議会,スペインのコルテスなどがその代表例である。議会の権限は国によって広狭の差はあるが,課税権の制約,国土の分割・譲渡,宣戦,講和,法の解釈など一般国政に及んだ。絶対主義国家の成立とともに,招集されることが少くなり,その存在意義は失われた。しかし身分制議会は,国民の政治的代表組織の始りで,その存続した期間は国により異なるにせよ,近代的な議会への発展を促した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みぶんせい‐ぎかい〔‐ギクワイ〕【身分制議会】

中世末以来のヨーロッパ諸国で、聖職者・貴族の代表に新しく特権的市民の代表を加えて構成した議会。課税審議権などを通して、しばしば王権を抑制したが、絶対主義の成立とともにその機能を失った。イギリスの模範議会、フランスの三部会などがその典型等族議会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

身分制議会【みぶんせいぎかい】

身分別議会,等族議会とも。絶対王政に先行する段階のヨーロッパの議会の形態。中世後期のイギリス議会,フランスの三部会,ドイツ諸領邦の領邦議会など。高位聖職者,高級貴族,上層市民代表からなり,国王の要請に応じて開催される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みぶんせいぎかい【身分制議会 Ständeversammlung[ドイツ]】

中世後期のヨーロッパ諸国で,身分制社会を土台に成立した議会。等族議会ともいう。近代の議会が国民代表機関の性格をもつのに対し,この時期の議会は特権的な社会層たる諸身分(等族Stände,états)の利害を表現している。聖職者身分,貴族身分および第三身分(市民と農民の総称で,実際上は都市の代表)の3者で構成されるフランスの三部会は最も有名な例であるが,中世末から17~18世紀のドイツ諸邦にも,聖職者,貴族,市民の三部会制をとる議会が多くみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みぶんせいぎかい【身分制議会】

中世末期、ヨーロッパ各国でつくられた身分別編成の議会。貴族・僧侶・市民の代表で構成し、国王の課税に対する審議権を行使しつつ、王権のもとに統合された。イギリスの模範議会、フランスの三部会など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

身分制議会
みぶんせいぎかい
Stndeversammlungドイツ語

中世末期以降のヨーロッパ諸国において、身分制社会を土台とし、身分別に編成された議会をさし、近代的民主制国家が成立し、人民主権の原則にたつ代議制議会にとってかわられるまで続いた。等族会議ともいう。[平城照介]

形態

身分制議会としては、イギリスのパーラメント、フランスの三部会、ドイツ(神聖ローマ帝国)の帝国議会や各領邦国家における領邦議会、スペインのコルテス、ロシアのゼムスキー・ソボール(全国会議)などがあげられる。身分制議会には、フランスの三部会やドイツの帝国議会と領邦議会の大部分のように、聖職者、貴族、市民の三部会制をとるタイプと、ハンガリーや北欧諸国のように、高級聖職者および大貴族の上院と、騎士身分の下級貴族および市民で構成される下院という二院制をとるタイプとに区別される。イギリスのパーラメントは二院型であるが、下院の構成員(いわゆる庶民Commons)は早くから各州の代表という性格をもち、厳密にいうと身分制議会というよりは、近代的代議制議会への移行型という特徴を有していた。またオーストリアのチロールの領邦議会のように、農民代表の出席を認めた例外的ケースもある。[平城照介]

起源

身分制議会の起源は、封建国家において国王の招集する宮廷会議にある。封建制度の下で国王の直属封臣は、国王に対し「助言と援助」の義務を負っていた。具体的にいえば、「助言」とは国王の招集に応じて会議に出席し、諮問に答える義務を意味し、「援助」とは軍役奉仕のほか、国王が要求する援助金(タイユ)を提供する義務を意味した。ただこの段階では、まだ国王は宮廷会議の招集を義務づけられておらず、会議の構成員も一定ではなく、国王はそのつど必要と考える者を招集したにすぎない。中世後期のヨーロッパ諸国では、王権の強化・上昇という現象が認められるが、それは国王の任務の増大を伴い、その遂行を可能とする財政を確立することが必要となってきた。封建制の原則では、国王の財政は主として王領地収入によってまかなわれ、それ以外には前述の援助金に頼るより方法がなかったが、13世紀末以降、公共のことに関係する問題については、国王は王領地収入以外に一般的課税によることができるという原則がしだいに認められるようになった。しかし他方、「すべての人に関係することは、すべての人によって承認されねばならぬ」という封建的法観念も根強く残っていたので、国王は課税のたびに、直接課税対象となる直属封臣や都市などの承認を獲得せねばならなかった。この課税承認を契機として、国王の諮問機関にすぎなかった宮廷会議は、しだいに会議体としての組織を整え、市民の代表をも加えた、封建諸身分の会議へと発展し、王権の側でも個別的折衝によって課税の承認を獲得するより、会議に諮るほうが便宜であったため、必要に応じてこのような会議を招集することが慣行となり、中世末期以降、身分制議会は国制のなかに確固とした根を下ろし、封建国家は身分制国家へと転換するに至った。[平城照介]

機能と限界

一般にヨーロッパにおける近代以前の国家は、封建国家、身分制国家、絶対主義の国家という三段階を経過して発展したといわれる。身分制議会自体は、封建国家の末期から絶対主義時代に至るまで存続したのであるが、それが政治的にもっとも重要な機能を果たしたのは、身分制国家においてである。身分制議会の主要な機能は課税承認権であったが、諸身分は課税の承認と引き換えに、身分的特権の拡大を要求することがしばしば行われ、議会は王権の利害と諸身分の利害との角逐の場の観を呈した。さらに諸身分は国事全般への発言権を絶えず拡大しようと努めたので、王権の恣意(しい)を制限し、拘束するという機能を果たした。たとえば、君主家門の内紛、君主の子女の結婚などは、本来は君主の家の私事に属する事柄であったが、他面これは領土の変更などを引き起こす可能性を含む事柄でもあり、そのため身分制議会の介入や承認を必要とするという慣行が確立していった結果、国家の公的性格が明確化していくという結果をも生んだ。もちろん身分制議会は、代議制議会のように全国民の利害を代表したわけではなく、あくまでも諸身分の利害を反映したにすぎず、しかも異なった身分間の利害はかならずしも一致していなかったので、国王はそれを利用して身分制議会の政治的拘束力を排除することが可能であり、それに成功した例もまれではなかった。そこに身分制議会の内包する限界があったわけである。[平城照介]

衰退

絶対主義の国家が成立し、君主が恒常的租税の導入と常備軍の設置に成功した結果、身分制議会の政治的機能は大幅に後退し、議会も招集されることがまれになるか、フランスの全国三部会のように、まったく招集されないという事態さえ生じた。絶対主義absolutismの君主権力の特徴を「法の拘束から解き放されている」Ab solutus regibusと表現するときの「法の拘束」とは、身分制議会による王権の政治的拘束を意味していたのである。[平城照介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の身分制議会の言及

【議会】より

…イギリスではParliament,アメリカではCongress,フランスではChambre,ドイツではVolksvertretungという。
【身分代表から国民代表へ】
 合議体による政治決定という方式そのものの歴史はきわめて古く,部族社会の民会にまでさかのぼるが,近代議会の成立に重要なかかわりをもつのは中世身分制議会である。とくに近代議会発展史において他国に先がけた道をあゆんだイギリスでは,1965年に議会700年祭を祝ったことにもあらわれているように,中世身分制議会の伝統をひきつぎ,その発展という形で近代議会史がくりひろげられてきた。…

【国民代表】より

…しかし,その意味は,国民代表制を支える原理と歴史の展開とともに変化しており,単純ではない。 近代市民革命前のヨーロッパの身分制議会(等族会議)においては,僧侶,貴族,庶民の3身分の代表者がそれぞれの部会をもち,議員は各地域で身分ごとに選挙されていた。議員は,選挙母体の訓令に拘束され,これに違反した場合には罷免されることになっていた(命令的委任)。…

【セイム】より

…もともとポーランドの身分制議会を意味した語。独立回復後の第1次世界大戦と第2次世界大戦の戦間期には下院を意味する語として使われ,上院(セナトSenat)とともに議会を構成した。…

※「身分制議会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

身分制議会の関連キーワードフレデリック1世[スウェーデン王]コルテス(スペインの身分制議会)フリードリヒ・ウィルヘルムシングヴェトリル国立公園アラマン・イ・エスカラダゼムスキー・ソボールフィリップ[4世]テニスコートの誓いゼムスキー・ソボルプロクラドレスブラバント革命アルトゥジウスアフォンソ3世ストールベリコッシュートパラツキー自由の時代地方三部会ダールマン身分制国家

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

身分制議会の関連情報