コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルト帝国 バルトていこく

1件 の用語解説(バルト帝国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バルトていこく【バルト帝国】

近世スウェーデンバルト海沿岸支配に対する呼称。バルト海はスウェーデン,ポーランドリトアニアプロイセンロシアなどバルト海沿岸諸国にとって唯一の海路であり,中世においてハンザ同盟は,これらの国々の積出港都市をおさえ,リューベックを盟主としてバルト海商業を支配した。一方バルト海の外海への出口は,北海へ通ずるエーレソンØresund(スンドSund)海峡のみであり,この狭い海峡の両側はデンマーク固有の領土であり,デンマークとリューベックは中世を通じて対立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone