コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オクセンシェーナ Axel Gustafsson Oxenstierna

2件 の用語解説(オクセンシェーナの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オクセンシェーナ【Axel Gustafsson Oxenstierna】

1583‐1654
スウェーデンの宰相(1612‐54)。貴族の出身。カール9世の有力な顧問大臣として活躍,その後グスタブ2世アドルフの宰相となり,国王と協調して国務院を設立し,国会法,都市行政法などを定めて行政機構の整備・改革を断行し,貴族支配を固めるため貴族院を創設,経済振興を図るために重商主義を採用して商法・海事法を立法化した。またウプサラ大学学長として学問の興隆に努めた。外交でもらつ腕を振るって前王時代から続行していたデンマークポーランドロシアとの対外戦争に決着をつけてバルト帝国建設の礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オクセンシェーナ
おくせんしぇーな
Axel Gustafsson Oxenstierna
(1583―1654)

スウェーデンの伯爵、宰相(在任1612~1654)。カール9世の有力な顧問大臣として活躍。王の死後、グスタフ・アドルフの摂政となり、国務院を創設した。グスタフの即位後、「難局打破のため、神が贈り給うた手足」といわれるほど国王の厚い信任を受け、グスタフと協調して国会法、政府機関の整備、改革を行って同国の行政機構の基礎を築き、貴族院を設立して貴族体制を固めた。さらに重商主義を採用して、商法、海事法、都市行政法、郵便制度などを施行し、都市、商業の発展に尽力した。ウプサラ大学の長として学問の興隆を図り、また学校法を制定して教育面でも大きな業績を残した。外交では、続行していたデンマーク、ロシア、ポーランドとの対外戦争に巧みな外交手腕で決着をつけ、バルト海帝国の建設に多大な貢献をした。グスタフの三十年戦争介入では、東プロイセンの占領地域の総司令官になるなど、強力に戦場の国王を支援した。グスタフの戦死(1632)後、スウェーデンの最高指導者として、ウェストファリアの講和では同国に有利な条件をもたらした。グスタフの王女クリスティナの摂政となったが、女王の親政後に政策上の対立が深まり、政治から遠ざかった。同国最大の政治家の一人と目される。[清原瑞彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オクセンシェーナの関連キーワード後光明天皇御義口伝後光明天皇かつら尾山ガーゴ小谷方甲府城賤ヶ岳の戦いオリンダ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone