クリスティナ(英語表記)Christina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1626.12.8. ストックホルム
[没]1689.4.19. ローマ
スウェーデン女王 (在位 1632~54) 。グスタフ2世の娘。グスタフのただ1人の嫡子として6歳で女王予定者となり,A.オクセンシェルナ補佐を受けた。 1644年親政,まもなくオクセンシェルナと衝突三十年戦争講和条約は自身の責任で処理した。 50年以後再びオクセンシェルナの補佐を受けた。その間父の政策を踏襲するとともに文芸活動に異常な熱意をみせ,R.デカルトらの文人,芸術家,学者スウェーデンに招いた。 54年カトリックに改宗し,王位を従兄カルル 10世グスタフに譲り,ローマへ移る。社交界で活躍,政治にもしばしば介入した。アルカディア・アカデミーをつくり,芸術界に多くの影響を与えた。「北方ミネルバ」と呼ばれる。

マリア・クリスティナ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1626年12月8日
スウェーデン女王(1644〜54)
1689年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android