コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オケオ遺跡 オケオいせきOc-èo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オケオ遺跡
オケオいせき
Oc-èo

ベトナム南部にある遺跡。 1944年 L.マルレにより調査された。2~7世紀の扶南国の文化を示す海港遺跡で,ブラーフミー文字を用い,仏教,ヒンドゥー教を信仰していたインド系植民者 (商人) の遺品が多い。ローマ金貨 (アントニヌス・ピウス帝) や中国漢代の鏡などの遺物があり,地中海から中国にいたる当時の貿易の一端を示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オケオ遺跡の関連キーワードオケオ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android