オスカー・チン事件(読み)オスカー・チンじけん(英語表記)Oscar Chin Case

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オスカー・チン事件
オスカー・チンじけん
Oscar Chin Case

1931年のベルギー措置によってこうむったイギリスの運輸業者オスカー・チンの損失をめぐって,34年,イギリスとベルギーが特別協定によって常設国際司法裁判所へ付託した事件。本件では,19年のサンジェルマン条約に規定された通商の自由と平等が問題となったが,34年 12月の判決は同条約にいう通商の自由を競争の存在を前提とする自由と解し,ベルギーの措置の合法性を認めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android