コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書 オゾンそうをはかいするぶっしつにかんするモントリオールぎていしょMontreal Protocol on Substances That Deplete the Ozone Layer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書
オゾンそうをはかいするぶっしつにかんするモントリオールぎていしょ
Montreal Protocol on Substances That Deplete the Ozone Layer

地球のオゾン層を破壊する化学物質の生産および使用を規制する国際的な協定。1987年9月16日にカナダのモントリオールで採択された。締約国は当初日本を含め 46ヵ国だったが,その後約 200ヵ国にまで増加。特定種類のフロンおよびハロン(→フルオロカーボン)の生産,消費を 1994年までに 1986年比 80%,1999年までに同 50%に削減することを定めた。1989年1月1日の発効以降,規制内容は削減から全廃へと段階的に修正され,加えて四塩化炭素トリクロロエタン,ハイドロフルオロカーボン HFC,ハイドロクロロフルオロカーボン HCFC,ハイドロブロモフルオロカーボン HBFCなどの生産と使用も禁止となった。なお発展途上国は,使用が禁止される物質に代わる物質の導入が技術的,財政的に困難であるため,全廃期限が若干長めに設定されている。先進国は 1994年までにハロンの生産と消費を中止し,1996年にはクロロフルオロカーボン CFC,HBFC,四塩化炭素,メチルクロロホルムなどの全廃を達成,2005年にはメチルブロマイド(臭化メチル)を全廃した。さらに 2030年までの HCFC全廃を目指している。一方途上国の全廃期限は,CFC,四塩化炭素,メチルクロロホルム,ハロンが 2010年,臭化メチルが 2015年,HCFCが 2040年とされている。(→オゾン層の破壊

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書の関連キーワードオゾン層の保護のためのウィーン条約モントリオール議定書フロン代替化合物オゾン層保護法代替フロンローランド

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android