コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オックスフォード条項 オックスフォードじょうこう

2件 の用語解説(オックスフォード条項の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オックスフォード条項【オックスフォードじょうこう】

1258年イングランドヘンリー3世の失政に反抗する貴族が,シモン・ド・モンフォールを中心に立ち上がり,王に認めさせた国政改革案。王側,貴族側の両方の代表者により国政を運営し,王権制限を企図した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オックスフォード条項
おっくすふぉーどじょうこう
Provisions of Oxford

イングランド王ヘンリー3世が、1258年国政の改革を要求する諸侯に強要され、同意した協約。これにより、王権は常置の十五人委員会に委任され、王の名において貴族が国を統治することになった。貴族が連帯して王権を制限し、行政に介入したのはこれが最初である。しかし、王は、ローマ教皇の支持を背景に、1264年フランスルイ9世の好意的な裁定によってこの協約から免れようとしたので、貴族との間に武力衝突が起こった。この「諸侯(バロン)戦争」Baron's Warで国王軍を破った貴族側の指導者シモン・ド・モンフォールは、この条項を王に再確認させて一時的に国政を掌握したが、1265年シモンの敗死により、新体制は崩壊した。[松垣 裕]
『城戸毅著『マグナ・カルタの世紀』(1980・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオックスフォード条項の言及

【シモン・ド・モンフォール】より

…議会開催は王の課税承認を目的としていたが,かねて王の外国人を重用する政治に反感をもっていた貴族は,王の要求と引きかえに国政改革を主張,シモンも改革派貴族の有力な一員となった。彼は24人委員会の一人として改革の要綱〈オックスフォード条項〉を起草し,条項は王の承認を得て国王顧問の役割を担う15人委員会が成立,シモンもこれに加わり行政全般の管理の任に当たった。しかし委員会の貴族寡頭政は騎士階層の不満をかい,改革の徹底を望む声が高まった。…

【ヘンリー[3世]】より

…王妃がプロバンス伯の出であることから,プロバンス人など外国人を多数登用し,寵臣政治を行ったことも諸侯の不満となっていた。ヘンリーはシチリア遠征の費用調達と引きかえに,改革要綱の〈オックスフォード条項〉を承認し,ここに行政全般を監視する15人委員会が成立した。しかし遠征費用の問題が解決しないため,教皇はエドマンドのシチリア王権を解消した。…

※「オックスフォード条項」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オックスフォード条項の関連キーワードイングランド銀行ニューイングランドノルマン朝ヘンリーオンテムズリチャード蘇格蘭ヘンリーネックホリールード教会リーボウ修道院レザンドリー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone