コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オナガミズナギドリ

2件 の用語解説(オナガミズナギドリの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

オナガミズナギドリ

太平洋の島々、日本では小笠原諸島で繁殖する海鳥。水面を泳ぎながら魚類や軟体動物を捕食する。母島では1990年代後半に、野良猫に襲われて激減したことがある。

(2010-07-10 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オナガミズナギドリ
おながみずなぎどり / 尾長水薙鳥
wedge-tailed shearwater
[学]Puffinus pacificus

鳥綱ミズナギドリ目ミズナギドリ科の海鳥。太平洋インド洋の暖海域にある島で繁殖する。全長39センチメートル。全身暗褐色と下面白色の2型があるが、日本では後者が小笠原(おがさわら)諸島で繁殖する。[長谷川博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオナガミズナギドリの言及

【ミズナギドリ(水凪鳥)】より

…ミズナギドリ属Puffinusは16種からなり,海上の島で繁殖し動物プランクトンやイカ,魚類を表層でとらえる。日本では小笠原諸島でオナガミズナギドリP.pacificusが繁殖している。南半球で繁殖し,初夏,日本近海に渡ってくるアカアシミズナギドリP.carneipes,ハイイロミズナギドリP.griseus(イラスト),ハシボソミズナギドリP.tenuirostrisは北太平洋で越冬し南半球に戻る。…

※「オナガミズナギドリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オナガミズナギドリの関連キーワードアカウミガメ小笠原国立公園小笠原諸島父島列島フィリピン海小笠原伊豆小笠原海溝小笠原守宮総羊歯野ヤギ問題

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone