オニシオガマ(読み)おにしおがま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニシオガマ
おにしおがま / 鬼塩竈
[学]Pedicularis nipponica Makino

ゴマノハグサ科の半寄生性の多年草。茎は直立して高さ0.4~1メートル。羽状に裂けた大きな茎が根際につく。8~9月、茎の先に花穂をつくり、桃色の大きな唇形花を開く。ハンカイシオガマに似るが、包葉が円形で、茎はあまり分枝しない。石川県から秋田県の日本海側の山地の、やや湿った所に生える。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオニシオガマの言及

【シオガマギク(塩竈菊)】より

…花冠の先が丸いものにハンカイシオガマ節,タカネシオガマ節,ミヤマシオガマ節がある。ハンカイシオガマ節は大型の多年草で葉は対生し,太平洋側にハンカイシオガマP.gloriosa Biss.et Moore,日本海側にオニシオガマP.nipponica Makinoがある。タカネシオガマ節は一年草で,葉は4枚輪生し,タカネシオガマP.verticillata L.が含まれる。…

※「オニシオガマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android