コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニネズミ greater bandicoot‐rat

2件 の用語解説(オニネズミの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オニネズミ【greater bandicoot‐rat】

腰に長毛を密生し,みのを着たように見える巨大な齧歯(げつし)目ネズミ科の哺乳類。台湾,中国南部,インドシナスマトラ,ジャワ,インドスリランカに分布。体長16~36cm,尾長14~26cm,体重680~1130g。体はがんじょうで吻(ふん)が太く,耳介は短くまるい。尾は体より短く,ほとんど無毛。体毛は軟らかく灰褐色~黒褐色,腰に淡褐色の短い剛毛と,黒褐色の長毛(7~10cm)を混生する。体の下面は淡褐色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニネズミ
おにねずみ / 鬼鼠
bandicoot-rat
[学]Bandicota indica

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目ネズミ科の動物。スリランカ、インド、ネパール、ミャンマー(ビルマ)、インドシナ、タイ、ジャワ島、スマトラ島、中国雲南省、台湾などに分布している。頭胴長27センチメートル内外、尾長23センチメートル内外で、体重は1~1.4キログラムに達する。普通、原野や森林にすみ、地中にトンネルを掘る。前足のつめは頑丈で、コンクリートにも穴をあける。雑食性で、インドでは住家性になっている。大量の穀類を地下に蓄えるので、子供たちはこれを掘り出して集め食用にする。台湾へは1630年にインドから移入され、平地に広く分布している。1産6子から12子、3か月ぐらいで成体になる。近縁種にベンガルオニネズミB. bengalensisなどがある。[宮尾嶽雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オニネズミの関連情報