コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オビドス オビドスÓbidos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オビドス
Óbidos

ブラジル北部,パラ州西部の都市。中心集落は州都ベレンの西約 800km,アマゾン川下流部北岸に位置する河港都市。サンタレンの上流約 100kmで川幅が 2km以下にせばまる地点にあり,市街は川を見おろす急崖上に立地する。周辺の農牧地帯の中心地で,タバコカカオ,コーヒー,サトウキビ木材肉牛などを集散し,果実加工やジュート製品の工場がある。人口1万 7143 (1980推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オビドス(Óbidos)

ポルトガル西部の町。町の起源は古く、古代ローマ時代には城砦(じょうさい)が築かれた。イスラム支配の後、アフォンソ=エンリケス(後のポルトガル王アフォンソ1世)が奪還。13世紀にディニス1世の妃イザベルが山間のこの地を気に入り、以降19世紀まで代々の王妃の直轄地となった。城壁に囲まれた街並みには、中世の面影が色濃く残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

オビドスの関連キーワードペッサーニャ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android