コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オブラドビッチ Dositej Obradović

世界大百科事典 第2版の解説

オブラドビッチ【Dositej Obradović】

1739?‐1811
ユーゴスラビア文学者哲学者教育者。セルビア最大の啓蒙思想家。修道士としてダルマツィア滞在時代(1761‐71)に古代文学とビザンティン文化を研究。還俗後ウィーン,パリ,ロンドンなどに滞在し,当時のヨーロッパ最高の知識を学び,解放後のセルビア人教化に役立てた。セルビアの文部大臣を務め,ベオグラードに大学を造るなど多方面に活躍したが,その波乱に富んだ前半生自伝《生涯と冒険》(1783,1788)に詳しい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オブラドビッチ
おぶらどびっち
Dositej Obradovi
(1739/1742?―1811)

セルビアの啓蒙(けいもう)思想家。初代文部大臣。民衆的な口語を用いて作品を書いた最初の作家で、セルビア近代文学の創始者。聖者伝文学にあこがれ、若くして修道僧となるが、やがて新知識を渇望して還俗(げんぞく)、ヨーロッパ諸国を遍歴しながら独学で教養を磨いた。18世紀イギリス文学の影響を受け、自伝『人生と冒険』(1783~88)、『寓話(ぐうわ)』(1788)で独自の文体を築いた。[栗原成郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オブラドビッチの関連キーワードユーゴスラビア文学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android