オプス(英語表記)Ops

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オプス
Ops

古代ローマの豊穣の女神。ローマ人がギリシア神話クロノスと同一視した農業神サツルヌスと深い関係にあったために,クロノスの妻レアとも,またキュベレとも同一視されたが,一方ではオプスコンシワと呼ばれて,地下の穴蔵に保存される穀物の守護神コンススとも密接に結びつけられていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

オプス【opus】

〔作品・著作の意〕
ある作曲家の作品を区別するために、作曲年代順につける作品番号。op.

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オプス

〘名〙 (opus 「作品」の意) 音楽用語。通常 op. と略して作曲家の作品に制作年代順の番号をつけるのに用いられる。オーパス。オープス。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のオプスの言及

【レア】より

…兄弟のクロノスの妻となって女神ヘスティア,デメテル,ヘラ,男神ハデス,ポセイドンを生んだが,クロノスがそれらの子を次々にのみこんだため,末子ゼウスの出産時には,夫を欺いてむつきにくるんだ石をのませ,ゼウスをひそかにクレタ島で育てたという。彼女は一般に小アジアの大母神キュベレと,またクロノスをみずからの農耕神サトゥルヌスと同一視したローマ人には,その妃で豊穣の女神オプスOpsと同一視された。【水谷 智洋】。…

※「オプス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android