オポチュニズム(英語表記)opportunism

翻訳|opportunism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オポチュニズム
opportunism

日和見主義と訳される。確固とした原則的立場をもたず,状況や力関係によって動揺し,無原則的な対応をとること,またはそのような思想的潮流をいう。おもに社会運動,労働運動で用いる。マルクス主義は,E.ベルンシュタインに代表される修正主義を右翼日和見主義,L.ブランキのような一揆主義 (→ブランキズム ) を左翼日和見主義と呼び,どちらも科学的社会主義理論を歪曲する誤った理論であるとしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

オポチュニズム【opportunism】

定見がなく、形勢をみて自分に都合のよい方に味方しようとする態度。便宜主義。御都合主義。日和見ひよりみ主義。機会主義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オポチュニズム

〘名〙 (opportunism) 定見を持たず、自分にとって有利になるよう、その時どきで主義、主張をかえること。日和見(ひよりみ)主義。御都合主義。〔外来語辞典(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のオポチュニズムの言及

【日和見主義】より

…機会主義,オポチュニズムともいう。一定の原理や原則よりもむしろ変化する状況に応じて行動すること。…

※「オポチュニズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android