コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オモ

百科事典マイペディアの解説

オモ

狂言の役のこと。今日ではシテと称することが多い。能のシテ方のように独立した職種ではなく,狂言方はシテにもアドにも扮(ふん)する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おも【オモ】

狂言の役種。シテの別名。ただし現在この名称を単独で用いることはなく,アイが2人以上出るとき,主となる方をオモアドと称することがある。大蔵虎光(1784‐1842)著《狂言不審紙(ふしんがみ)》には〈大蔵狂言に壱番の狂言の長する者を仕手(して)と言,余流にては重(おも)と云〉とあるが,確かではない。【羽田 昶】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オモ

シテ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オモの関連キーワードパラウストラロピテクス・エチオピクスホミニゼーションエチオピア(国)ルイス デュモン重あど・主あどエチオピア諸語ハム・セム語族トゥルカナ湖オモ川下流域アウォロウォマゴ国立公園ジェムゴファオモ国立公園以呂波紅葉シダモ諸族舞川あいく仕手・為手久呂久和為ウオーモ仙台沢瀉

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オモの関連情報