オランジェリー宮殿(読み)オランジェリーきゅうでん

世界の観光地名がわかる事典の解説

オランジェリーきゅうでん【オランジェリー宮殿】

ドイツ北東部の首都ベルリン(Berlin)の南西約30km、ブランデンブルク州の州都ポツダム(Potsdam)市街の西に広がる広大なサンスーシ公園(Park Sanssouci)にある宮殿。◇この公園には、18~19世紀にかけてプロイセン王国の君主たちが築いた、サンスーシ宮殿(Schloss Sanssouci)をはじめとする宮殿群がある。1850~1864年にかけてペルシウス、ストゥエラー、ヘッセによって建てられたルネサンス様式の宮殿で、宮殿内のラファエロの間には19世紀のイタリア作品の複製が飾られた部屋がある。ガイドツアーにより見学ができる(要予約)。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android