コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルシウス ペルシウスPersius Flaccus, Aulus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルシウス
Persius Flaccus, Aulus

[生]34. エトルリアウォラテラエ
[没]62
ローマの詩人。 12歳のときローマに出て文学と修辞学を修め,16歳でストア派の哲学者コルヌツスの学校に学び,ルカヌスと親交を結んだ。生涯公職につかず,夭折。死後コルヌツスが遺作のなかから『風刺詩』 Saturae (6編およそ 650行) を出版して後世に伝えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ペルシウス

ローマの風刺詩人。ストア哲学を学び,富よりも徳を勧める6歌650行の風刺詩を残し,次世代クインティリアヌスらによって称賛された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペルシウス【Aulus Persius Flaccus】

34‐62
ローマの詩人。ルキリウスホラティウスユウェナリスとともにローマの代表的風刺詩人の一人である。エトルリア地方の騎士身分の家に生まれた。少年時代にローマに上り,16歳のときにストアの哲学者コルヌトゥスLucius Annaeus Cornutusの門に入り,彼との交流を通じて,叙事詩人ルカヌスらと交友関係をもつようになった。彼の死後,コルヌトゥスによって公刊された詩集1巻は,6歌650行と短い序文から構成されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ペルシウス【Aulus Persius Flaccus】

34~62) 古代ローマの風刺詩人。紀元前二世紀のルキリウスに始まる風刺詩の伝統を継ぐ。ストア哲学の影響を強く受けた曖昧あいまいで難解な六編の詩がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペルシウス
ぺるしうす
Aulus Persius Flaccus
(34―62)

古代ローマの風刺詩人。ルキリウス以来の伝統を継承して六編の風刺詩を残す。第一歌以外は風刺詩というより訓戒詩で、日常生活の実例を用いながらストア派の道徳教義を説いている。文章は難解な比喩(ひゆ)や暗示に富み、ホラティウスの柔軟性と品格と調和はないが、力強いことばには、厳しい求道精神と激しい情熱が現れている。[中山恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のペルシウスの言及

【ラテン文学】より

…またそのほかの散文作家には,小説《サテュリコン》の作者ペトロニウス,百科全書《博物誌》の著者の大プリニウス,《書簡集》を残した雄弁家の小プリニウス,農学書を残したコルメラ,2世紀に入って,《皇帝伝》と《名士伝》を著した伝記作家スエトニウス,哲学者で小説《黄金のろば(転身物語)》の作者アプレイウス,《アッティカ夜話》の著者ゲリウスなどがいる。 詩の分野ではセネカの悲劇のほかに,叙事詩ではルカヌスの《内乱(ファルサリア)》,シリウス・イタリクスの《プニカ》,ウァレリウス・フラックスの《アルゴナウティカ》,スタティウスの《テバイス》と《アキレイス》など,叙事詩以外ではマニリウスの教訓詩《天文譜》,ファエドルスの《寓話》,カルプルニウスCalpurniusの《牧歌》,マルティアリスの《エピグランマ》,それにペルシウスとユウェナリスそれぞれの《風刺詩》などがみられる。2世紀初頭に創作したユウェナリスのほかはすべて1世紀の詩人たちである。…

※「ペルシウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペルシウスの関連情報