コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランデンブルク州 ブランデンブルクBrandenburg

2件 の用語解説(ブランデンブルク州の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランデンブルク〔州〕
ブランデンブルク
Brandenburg

ドイツ東部の州。州都ポツダムドイツ平原の中央部を占め,西はザクセンアンハルト州,東はポーランド,南はザクセン州およびチェコ,北はメクレンブルクフォアポンメルン州に接する。第2次世界大戦後,ブランデンブルクを州都として一州をなしたが,1952年,旧東ドイツ治下では主としてポツダム,フランクフルト,コトブスの3県に分割され,オーデル川以東はポーランドに編入された。 90年東西ドイツ統合に伴い州として再構成され,中心部のベルリンは独立した州となった。 10世紀初めにドイツ王ハインリヒ1世が進出するまでは,スラブ族の居住地であった。 12世紀頃から,ブランデンブルク辺境伯領,ノルトマルク伯領などの領邦国家が確立し,ドイツ人の植民やキリスト教の布教が急速に進み,13世紀にはブランデンブルクを中心に多くの都市が栄えた。当時ベルリンはまだ小都市にすぎなかったが,1488年からは辺境伯の居地となった。 17世紀中頃から台頭したブランデンブルク辺境伯のホーエンツォレルン家は,1701年選帝侯フリードリヒ3世を王としてプロシア王国を支配,やがてブランデンブルクはプロシアの中核をなし,ドイツ帝国 (1871~1918) の中心的州となった。エルベ川,オーデル川が州域を流れ,多くの湖がある。メクレンブルクフォアポンメルン州に次いで人口密度が低く,森林が広がり,おもな都市はポツダム,コトブス,ブランデンブルク,フランクフルトアンデアオーデルなど5指に満たない。オオムギ,ライムギ,ジャガイモ,コムギなどが主要作物で,近郊農業,牧畜,酪農も行われる。工業は機械,製鋼,織物など。エルベ=ハーフェル運河,オーデル=シュプレー運河が通る。面積 2万9480km2。人口 251万1525(2010推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブランデンブルク(Brandenburg)

ドイツ東部、ベルリンの西方にある工業都市エルベ川支流のハーフェル川に臨む。中世の建築物が残る。ブランデンブルク‐アン‐デア‐ハーフェル。
ベルリンを中心としてドイツ東部からポーランド西部にかけての地域。12世紀にブランデンブルク辺境伯領、のちプロイセン王国の中心をなした。
ドイツ東部の州。東はポーランドに接する。州都ポツダム

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブランデンブルク州の関連情報