オリンポスの果実(読み)おりんぽすのかじつ

  • オリンポスのかじつ〔のクワジツ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中英光(ひでみつ)の中編小説。文壇へのデビュー作で、1940年(昭和15)9月『文学界』に発表。同年高山書院刊。ロサンゼルスでのオリンピック大会に向かう船中で知り合った女子選手との恋を回想的に描いたこの小説は、戦前の代表的な青春小説の一つになっている。「健康な肉体と柔らかな感性」とが、恋を知ることでどのような反応を示すことになるかを、主人公の不安と焦燥、懐疑と自虐を通して具体的に追求し、青春期固有の内的ドラマを鮮やかな形で形象化している。原題は『杏(あんず)の実』であったが、太宰治(だざいおさむ)の言によって改められた。

[島田昭男]

『『オリンポスの果実』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android