コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルジン=ナシチョーキン Ordin-Nashchokin, Afanasii Lavrent'evich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルジン=ナシチョーキン
Ordin-Nashchokin, Afanasii Lavrent'evich

[生]1605頃.プスコフ
[没]1680. プスコフ,クルイペツ
ロシアの外交官,政治家。プスコフの小貴族の出身。モスクワ動乱時代に始ったスウェーデンおよびポーランドとの領土争いに一応の結末をつけ,近代的政策によってピョートル1世 (大帝) 時代の諸改革を準備した。 1650年プスコフの反乱を鎮圧して年若の皇帝アレクセイ1世の注目をひいた。 56年スウェーデンとの戦争で軍人,外交官として活躍,58年の講和条約でリボニアを獲得。 67年アンドルーソボ条約で,スモレンスク,セーベル地方,ドニエプル川左岸のウクライナと右岸のキエフを確保,動乱時代に失ったウクライナの再統合を果した。これらによって北方,南方での通商路は打開された。プスコフ市総督 (1665~66) のとき,都市行政を近代化し,商業ブルジョアジーの独占会社を組織して西ヨーロッパとの通商を保護,育成することに尽力。その先進的近代感覚のため保守的貴族の圧迫を受け,72年政界を退き,クルイペツの修道院に隠棲した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オルジン=ナシチョーキンの関連キーワードレオ11世フョードル2世アクバル慶長の大地震ボリスゴドノフグスマン徳川秀忠アクバルナレースエンニューフランス

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android