コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルレアン公フィリップ オルレアンこうフィリップOrléans, Philippe II, Duc d'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルレアン公フィリップ
オルレアンこうフィリップ
Orléans, Philippe II, Duc d'

[生]1674.8.2. サンクルー
[没]1723.12.2. ベルサイユ
フランスの摂政 (在任 1715.9.2.~23.2.22.) 。オルレアン公フィリップ1世の子。 1692年ルイ 14世モンテスパン侯夫人の娘ド・ブロアと結婚。ルイ 14世は遺言のなかで,オルレアン公には摂政評議会の名誉議長職しか与えず,権力はメーヌ公に譲られた。しかしオルレアン公は,この遺言書をパリ高等法院に破棄させて摂政についた。彼の治世は,ルイ 14世統治期に対する反動を意味し,貴族を政治に参加させ多元会議制度 polysynodieをとった。 J.ローの登用によって (ロー体制) 財政の好転をはかろうとしたが,政治は腐敗した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オルレアン公フィリップの関連キーワードサン・シモン(Louis de Rouvroy duc de Saintアンリエット・ダングルテールリージェント・ダイヤモンドオルレアン公フィリップ1世シャルロッテ・エリザベトブルボン公ルイ・アンリフィリップ・ドルレアンオルレアン(公家)フランス史(年表)オルレアン王党派ルイ・フィリップシャルパンティエサン=シモン公レジャンス様式ルイ[15世]ルイ(15世)アルジャンソンルイ王朝様式ルイ15世ロココ美術

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android