コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オロルゲサイリー遺跡 オロルゲサイリーいせきOlorgesailie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オロルゲサイリー遺跡
オロルゲサイリーいせき
Olorgesailie

ケニアの首都ナイロビの南西 60km,リフトバレーの東斜面の裾に位置するアシュール文化遺跡。更新世中期にはこの付近は湖であったが,その湖岸にアシュール文化の狩人たちは宿営し,握斧やその他の石器を残した。 1942~45年,リーキー夫妻がこの遺跡を調査した。今日では国立公園となっており,地表に散乱した数百の石斧を,発見当時のまま遺跡の上に渡された桟橋から見ることができる。握斧は溶岩でつくられているが,長さ 33cm,重さ 2.7kgに及ぶ非常に大きいものがある。また,丸い石球が多数発見されたため,南アメリカのボーラと比較されたことがある。特に 80頭ほどの大型ヒヒの骨格が発見されているため,当時の人々の集団猟が考えられ,そのほかゾウの骨も発見されている。地表に散乱する石器類はオルドバイ峡谷の第4床に相当するとみなされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android