コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オロルゲサイリー遺跡 オロルゲサイリーいせきOlorgesailie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オロルゲサイリー遺跡
オロルゲサイリーいせき
Olorgesailie

ケニアの首都ナイロビの南西 60km,リフトバレーの東斜面の裾に位置するアシュール文化遺跡。更新世中期にはこの付近は湖であったが,その湖岸にアシュール文化の狩人たちは宿営し,握斧やその他の石器を残した。 1942~45年,リーキー夫妻がこの遺跡を調査した。今日では国立公園となっており,地表に散乱した数百の石斧を,発見当時のまま遺跡の上に渡された桟橋から見ることができる。握斧は溶岩でつくられているが,長さ 33cm,重さ 2.7kgに及ぶ非常に大きいものがある。また,丸い石球が多数発見されたため,南アメリカのボーラと比較されたことがある。特に 80頭ほどの大型ヒヒの骨格が発見されているため,当時の人々の集団猟が考えられ,そのほかゾウの骨も発見されている。地表に散乱する石器類はオルドバイ峡谷の第4床に相当するとみなされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オロルゲサイリー遺跡の関連キーワード高層大気ロケットゾンデ電気自動車水俣病地球内部構造アイスホッケーアナーニ事件伊那盆地イルクーツク江戸川

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android