コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーキー リーキー Leakey, Louis Seymour Bazett

7件 の用語解説(リーキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リーキー
リーキー
Leakey, Louis Seymour Bazett

[生]1903.8.7. ケニア,カバテ
[没]1972.10.1. イギリスロンドン
ケニア生れのイギリスの古生物学者,人類学者。ケニア国立博物館先史学・古生物学部長で,1931年以来タンザニアオルドバイ峡谷発掘調査を行い,59年に妻で古生物学者のメアリー (1913.2.6~1996.12.9.) とともにオルドバイ第1層からがんじょうなタイプの猿人化石を発見,ジンジャントロプスボイセイと命名した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リーキー
リーキー
Leakey, Richard

[生]1944.12.19. ナイロビ
ケニアの人類学者,環境保護活動家,政治家。フルネーム Richard Erskine Frere Leakey。人類の進化に関係する多数の化石を発見したほか,東アフリカにおける責任ある環境管理を広く訴えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リーキー(Louis Seymour Bazett Leakey)

[1903~1972]英国の古生物学者・人類学者。ケニア生まれ。1931年以来タンザニアのオルドバイ渓谷で発掘を続け、59年にアウストラロピテクス‐ボイセイを発見したほか、多数の霊長類化石を発見。→オルドバイ遺跡

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リーキー

英国の人類学者,考古学者。東アフリカを中心に化石人類とその文化遺物を調査。オルドバイ遺跡におけるジンジャントロプスの発見は有名。
→関連項目霊長類

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リーキー【Louis Seymour Bazett Leakey】

1903‐72
人類学者。ケニアのキクユ族に宣教していたイギリス人牧師の家庭に生まれた。1926年以来東アフリカで先史時代諸遺跡の調査を行う。ギャンブル洞窟の発掘は気候変化と編年の関係を明確にし,とくに後期旧石器時代研究上重要である。東アフリカのアシュール文化の理解に欠かせない,オロルゲサイリー,カリアンドゥシ両遺跡の発掘は,遺物の残存状態を詳細に記録した点で,発掘法としても画期的なものであった。しかしリーキーの名を世界的に知らしめたのはオルドバイ遺跡の調査である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

リーキー【Louis Seymour Bazett Leakey】

1903~1972) イギリスの考古学者・人類学者。東アフリカで活躍し、夫人メアリーとともに1959年、タンザニアのオルドバイ峡谷でジンジャントロプス-ボイセイを発見。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リーキー
りーきー
Louis Seymour Bazett Leakey
(1903―1972)

古生物学者、人類学者。イギリス人宣教師の長子として東アフリカに生まれ、古生物学を専攻した。1931年以後、夫人メアリーMary(1913―1996)、長子リチャードRichard(1944― )とともにタンザニアのオルドワイ谷で発掘調査を続け、多くの重要な古人類化石を発見した。とくにアウストラロピテクス・ボイセイ(旧ジンジャントロプス、1959)、ホモ・ハビリス(1960)の発見は人類学者の間に多くの議論を引き起こし、リーキー自身の説には批判があるものの、その学術的意義は大きい。またリムノピテクスシバピテクスプロコンスルケニアピテクスなどの第三紀霊長類化石もリーキーによって発見されたもので、これらは霊長類の進化の研究にとって不可欠の標本である。1960年代以後、人類進化の研究は飛躍的に発展したが、その基礎はリーキーによって築かれたといえる。[埴原和郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリーキーの言及

【猿人】より


[がんじょうな猿人]
 1938年,R.ブルームが南アフリカのクロムドラーイで出土の化石にパラントロプス・ロブストゥスの学名を与えて以来,南および東アフリカで多数の化石が発見されてきた。東アフリカからは,1959年にL.リーキーがジンジャントロプス・ボイジイと名づけた頭骨化石が最初であるが,まもなくリーキー自身が,その学名を,アウストラロピテクス・ボイジイに変更した。現在は全体を一つの種とみなして,アウストラロピテクス・ロブストゥスの学名で呼ぶことが多くなっている。…

【オルドバイ文化】より

…東アフリカのタンザニア北部にあり,リーキーらが調査したオルドバイOlduvai遺跡を標式とする世界最古の旧石器文化。その担い手はアウストラロピテクスで,この文化は東アフリカに始まり,中央アフリカを除くアフリカ全土および西アジアにひろがる。…

【旧石器時代】より

…ここには,前期旧石器時代のすべての時期の遺物が,多量にしかも層位的に出土するという意味で,世界で最も注目されている遺跡群がある。リーキーは1931年からオルドバイ峡谷の調査を始め,20年以上の年月をかけて多くの地点から層位的に出土する前期旧石器時代の石器群と動物化石とを発見した。人類化石はなかなか見つからなかったが,59年にメアリー夫人が地層中に原位置を保っている人類の歯3本と,岩屑の中から〈こめかみ〉の破片を発見し,下顎を欠くものの,ほとんど完全に復元できるまでの頭骨の破片を集めることができた。…

【ジンジャントロプス】より

…L.リーキーが1959年に,タンザニアのオルドバイ渓谷で発見された猿人の頭骨化石に与えた動物分類学上の属名で,東アフリカをさすアラビア語系の古称〈ジンジ〉と,ヒトを意味するギリシア語の〈アントロポス〉という語からの造語。正式の学名はジンジャントロプス・ボイジイ(種名は,リーキーの財政的援助者のボイズにちなんでいる)。…

※「リーキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リーキーの関連キーワード今村豊キクユ族形質人類学ケニヤッタ社会人類学マウマウ応用人類学キクユマウマウ団ボーマスオブケニア

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リーキーの関連情報