コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーシュ Auch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーシュ
Auch

フランス南西部,ジェール県の県都。同県の中央を流れるジェール川の左岸にあり,旧ガスコーニュ地方アルマニャック伯領の首都。ケルト時代アウシ人の首都として始り,現在は有名なフォアグラ (ガチョウのレバペースト) やワイン,アルマニャック (ブランデーの一種) など農産加工品の取引中心地であり,タイルやたばこの製造業もみられる。人口2万 4728 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーシュ
おーしゅ
Auch

フランス南西部、ジェール県の県都。トゥールーズの西77キロメートルにある。人口2万1838(1999)。ジェール川の河畔にあり、商業の中心地として栄えている。とくにアルマニャック・ブランデー、ワイン、穀物の取引中心として重要である。町の起源はイベリア人の創建によるが、ローマ時代は重要な中心都市となった。その後アルマニャックの首都、ガスコーニュの首都となって栄えた。市内にはフランボワイヤン様式のゴシック式建築であるサント・マリー聖堂(15~16世紀)がある。[青木伸好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オーシュの関連キーワードラヨシュ(1世)A. ダンジョアミシュコルツラルテ眼球譚レー島

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android