普通輝石(読み)ふつうきせき(英語表記)augite

翻訳|augite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普通輝石
ふつうきせき
augite

単斜輝石族に属する,カルシウム輝石類の一種。 (Ca,Mg,Fe2+)2Si2O6 の一般組成を有するカルシウム輝石類のうち,カルシウム:マグネシウム:鉄(II)の原子比において,カルシウムが 25~45%含まれているものをいう。橄欖岩斑糲岩玄武岩安山岩などに普遍的に出現する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

普通輝石
ふつうきせき
augite

輝石の一種で、中性から塩基性の火成岩中の重要な造岩鉱物の一つ。柱状あるいは短柱状で、二方向の劈開(へきかい)はほぼ直交する。マグマの性質や晶出時期によって組成の変化が著しい。マグネシウムに富むものから鉄に富むものまである。また、ナトリウムが富んでくると、エジリン普通輝石aegirine-augiteとよばれる。アルカリ玄武岩中のものにはチタンに富むものがあり、チタン輝石titanaugiteとよばれる。透輝石―灰鉄輝石系列の輝石との境界は、CaSiO3が45モル%のところに置かれている。火山岩中の自形結晶は粒度の大きいときはまず普通輝石か透輝石であるが、肉眼では両者を区別することはできない。以上のほか、高温変成になる変成岩中にも産する。英名は、光沢を意味するギリシア語に由来する。かつては玄武岩中の黒色柱状結晶に対してのみ使った。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の普通輝石の言及

【オージャイト】より

…Caに富む単斜輝石の一種で火成岩のもっとも普通な有色鉱物。〈普通輝石〉ともいう。主要化学組成は(Ca,Mg,Fe2+)2Si2O6で,少量のAl,Fe3+,Tiなどを含む。…

※「普通輝石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android