コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーセール オーセール Auxerre

3件 の用語解説(オーセールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーセール
オーセール
Auxerre

フランス中部,ヨンヌ県の県都。ヨンヌ川の左岸に位置し,ガロ・ローマ時代以前から栄えた町で,3世紀には司教座もおかれていた。聖エティエンヌ大聖堂 (13~16世紀。特に 13世紀のステンドグラスが有名) などがあり,観光客が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オーセール(Auxerre)

フランス中東部、ヨンヌ県の都市。同県の県都。ヨンヌ川に面し、ブルゴーニュワインの産地として知られる。オーセール大聖堂サンジェルマン修道院など、中世の面影を残す歴史的建造物がある。オセール

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オーセール【Auxerre】

フランス中部,ヨンヌ県の県都で,低ブルゴーニュ地方の旧府。人口約3万9900(1980)。商工業が盛んで,機械,電気製品,家具,玩具,楽器などを製造。古代ローマ人が城郭都市として築き,ローマ公道上の町として古くから交通の要衝であった。13~16世紀に建てられたサンテティエンヌ大聖堂の内陣(13世紀前半)はブルゴーニュ地方ゴシック様式の代表作で,ステンド・グラスも知られる。サン・ジェルマン修道院教会には,当地で生まれたゲルマヌスの墓を中心とする二重地下祭室があり,そこに描かれた《ステファヌスの生涯》(9世紀)はロマネスク期以前の数少ない壁画の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オーセールの関連キーワードサンテティエンヌディジョンブルゴーニュポアティエレンヌポアチエサンテチエンヌジャッククール宮殿シャンパーニュアルデンヌアリゴテ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オーセールの関連情報