オートバイ競走(読み)オートバイきょうそう

百科事典マイペディアの解説

オートバイ競走【オートバイきょうそう】

オートバイのスピードと技術を競う競技。20世紀にはいってからのオートバイの普及,性能の向上とともに発展。英語ではモーターサイクル・レースmotorcycle race。一般の舗装道路をコースとして行われるロードレースroad race,舗装されたサーキットを周回するトラックレースtrack race,荒れ地コースを使用したモトクロスmotocross(モーターサイクルによるクロスカントリー),変化に富んだ地形のコースで操縦技術の優劣を競うトライアルtrialなどがある。ロードレース,トラックレース,モトクロスともに排気量別にクラス分けされる。国際モーターサイクリスト連盟(FIM)の統括のもとで各国のトップライダーが競う世界ロードレース・グランプリはヨーロッパを中心に世界をめぐり,年間十数戦行われる。日本でも日本モーターサイクル協会(MFJ)が1963年に設立され,全日本選手権が行われている。また鈴鹿サーキットで毎年日本グランプリが世界グランプリの第一戦として行われるほか,同じく鈴鹿の〈世界耐久8時間レース〉も日本最大のオートバイ競技イベントとして知られる。坂をのぼるヒルクライムなど,他にも多くの競技があるが,とくに米国ではヨーロッパとは異なる独自の発展をとげた。→オートレース
→関連項目自動車競走モータースポーツ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オートバイきょうそう【オートバイ競走】

オートバイでスピードと操縦技術を競うスポーツ。英語ではモーターサイクルレースmotorcycle raceという。競走に使用される車種は,日本で原動機付自転車と呼ばれる50ccのミニバイクから750cc(1000ccのものもある)のモンスターバイクまで種々雑多である。
[歴史]
 オートバイ発明の草創期である19世紀末,すでに宣伝の意味を兼ねてフランスなどでロードレース,トラックレースが始められた。しかし,本格的なレースは1904‐06年に行われた国際オートバイ・カップ・レースが最初といわれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android