オービュッソン(英語表記)Aubusson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オービュッソン
Aubusson

フランス中部,マシフサントラル (中央山地) 北西部,クルーズ県クルーズ川にのぞむ町。 16世紀以前からタペストリーカーペットの製造で有名。国立装飾美術学校 (1869) があり,いまもなお手織機でタペストリーとカーペットが織られている。人口 5326 (1982) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オービュッソン【Aubusson】

フランス中部,クルーズ県の町で,クルーズ川に沿う。人口5776(1975)。壁掛,じゅうたんの製造で知られる。15世紀フランドル人によりタピスリーの技術が伝えられた。16世紀にはプロテスタントの拠点となるが,ナントの王令廃止(1685)後,工匠たちは亡命してタピスリーは一時落,18世紀に再興された。1884年国立装飾美術学校が設立され伝統的な技術を復活し,現在も高い水準を保っている。【五十嵐 ミドリ】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オービュッソン
おーびゅっそん
Aubusson

フランス中南部、マッシフ・サントラル(中央群山)北部にあるクルーズ県の小都市。クルーズ川に面し、リモージュの東北東74キロメートルにある。人口4662(1999)。15世紀以来、綴(つづれ)織とじゅうたんの生産地として有名。国立装飾芸術学校や、綴織の歴史博物館がある。[青木伸好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android