オーラブ[2世](読み)オーラブ

百科事典マイペディアの解説

オーラブ[2世]【オーラブ】

ノルウェー王(在位1015年―1028年),聖人。官僚制とキリスト教による統一を目指したが,イングランド・デンマーク王クヌットらに阻まれて,再起途上に没。北欧最初の聖人として奇跡譚や記念行事が多く残り,トロンヘイム聖オーラブ教会は巡礼地となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オーラブ[2世]【Olav II Haraldsson】

?‐1030
ノルウェー王。在位1015‐28年。前半生バイキングとしてすごし,のちノルウェー王となる。官僚による統治とキリスト教化による全国支配をめざすが,これに反発する豪族たちと結んだイングランド・デンマークの王クヌットと争い,スウェーデンをへてロシアへ亡命(1028)。再起をはかり陸路北ノルウェーにはいるが農民軍の抵抗にあい,スティクレスタの戦で敗死。死後盲人治癒など奇跡説がうまれ,その死は殉教とされ,北欧最初の聖人となった(後世,聖オーラブとよばれる)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android