コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーラブ[2世] オーラブ

2件 の用語解説(オーラブ[2世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オーラブ[2世]【オーラブ】

ノルウェー王(在位1015年―1028年),聖人。官僚制とキリスト教による統一を目指したが,イングランドデンマーク王クヌットらに阻まれて,再起途上に没。北欧最初の聖人として奇跡譚や記念行事が多く残り,トロンヘイム聖オーラブ教会は巡礼地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オーラブ[2世]【Olav II Haraldsson】

?‐1030
ノルウェー王。在位1015‐28年。前半生をバイキングとしてすごし,のちノルウェー王となる。官僚による統治とキリスト教化による全国支配をめざすが,これに反発する豪族たちと結んだイングランド・デンマークの王クヌットと争い,スウェーデンをへてロシアへ亡命(1028)。再起をはかり陸路北ノルウェーにはいるが農民軍の抵抗にあい,スティクレスタの戦で敗死。死後盲人治癒など奇跡説がうまれ,その死は殉教とされ,北欧最初の聖人となった(後世,聖オーラブとよばれる)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オーラブ[2世]の関連キーワードクヌートクリスチャントロンヘイムノルウェー語ノルウェー・クローネノルウェジアン・エルクハウンドノルウェジアン・ブーフントノルウェージャン・フォレスト・キャットブラック・ノルウェジアン・エルクハウンドヘリーハンセン

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone