コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーランド諸島 オーランドしょとう

大辞林 第三版の解説

オーランドしょとう【オーランド諸島】

バルト海からボスニア湾への入り口にある小島群で、長らくスウェーデンとの間で領有権が争われてきたが、1921年にフィンランド領と決定された。中心地マリーハム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーランド諸島
おーらんどしょとう
land

スウェーデンとフィンランドの間にあるボスニア湾の入口に位置する諸島。フィンランド語名アハベナンマー。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オーランド諸島の関連キーワードアフベナンマー県ストールベルイスウェーデン語ハミナ条約バルト海北欧会議領有権入り口

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android