コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウエル Cowell, Henry Dixon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カウエル
Cowell, Henry Dixon

[生]1897.3.11. カリフォルニアメンロパーク
[没]1965.12.10. ニューヨーク,シェイディ
アメリカの作曲家,ピアニスト。カリフォルニア大学卒業。第1次世界大戦に従軍後,ニューヨーク応用音楽学校に学び,さらに 1931~32年ベルリン大学で比較音楽学を学ぶ。初期のピアノ曲において,両腕やこぶしで音塊をたたく,いわゆる「トーン・クラスター」という奏法を創始,32年にはテレミンの協力を得て発明したという電気リズム楽器リトミコンのデモンストレーションニューヨークで行うなど,新しい音素材を探究した。民族音楽に興味をもつアメリカのモダニストの代表者の一人である。また多くの現代音楽組織の一員として活動。 500曲あまりの多種にわたる作品がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

カウエル

アメリカ合衆国の作曲家。ピアニストとしても活動した。実験的な試みを積極的に行い、20世紀の音楽の語法の展開に貢献した。ピアノ曲《The Tides of Manaunaun》(1921?)は、音楽史 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カウエル【Henry Dixon Cowell】

1897‐1965
アメリカの作曲家。独学で作曲を始め,カリフォルニア大学で比較音楽学者のC.シーガー(P.シーガーの父)に学び,民族音楽や新しい技法から積極的に方法論を学んだ。1927年には現代音楽の評論,楽譜出版,レコーディングを行う協会ニュー・ミュージックNew Musicを設立。60年代以後流行するトーン・クラスターtone‐cluster(〈音の塊〉の意で,全音以内の狭い音程間隔で密集する複数の音のこと)もカウエルの発明である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カウエルの関連キーワードハリソン(Lou Harrison)ジュリアン プリースタージミー ホップスジョン ケージクロムメリンアメリカ音楽3月11日バカラック唯是震一ハリソンこぶし [roll]ケージ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カウエルの関連情報