コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カザン大学 カザンだいがくKazanskii Universitet

世界大百科事典 第2版の解説

カザンだいがく【カザン大学 Kazanskii Universitet】

ロシア連邦タタールスタン共和国の首都カザンにある大学。1804年創立。ロシア最古の大学のひとつで,帝政時代には歴史・言語学,物理学,医学,法学の4学部から成っていた。十月革命後に拡充され,1977年には歴史・言語学(タタール語およびタタール文学をふくむ)など8学部をもち,ボルガ川流域やウラル地方近辺の文化・教育の中心的機関となっている。帝政時代から多数の著名な学者が教鞭をとり,数学者N.I.ロバチェフスキーは1827年から19年間学長を務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カザン大学の関連キーワードスペランスキー(Aleksey Dmitrievich Speranskiy)アルブーゾフ(Boris Aleksandrovich Arbuzov)ドミトリー オフシャニコ・クリコフスキーヴラジーミル・イリイーチ レーニンイェフゲーニイ サヴォーイスキーオフシャニコ・クリコフスキーアンドレーエフ=ブルラークアレクセイ スペランスキーピョートル ボボルイキンドミートリイ リハチョフニコライ チェボタリョフG. シェルシェネビチV. マルコフニコフボリス アルブーゾフミハエル ツウェットP. ポレーツキーゴルストゥンスキーロバチェフスキーカラコーゾフ事件レフ トルストイ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android