コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシキズモ

2件 の用語解説(カシキズモの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カシキズモ

スペイン近代政治の底に残存する封建的な人格的支配関係。カシケcaciqueはスペインの小都会や農村の顔役・親方的存在を意味する。スペインに遍在する大地主と零細農民の間の封建的小作関係が地主の弱小農民に対する政治的支配を成立させる社会的・経済的基礎となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カシキズモ
かしきずも
Caciquismoスペイン語

さまざまなエリートが国家のために在地勢力を利用して支配を行うスペインの寡頭政治制度。この在地勢力はピラミッド型に組織され、地方ボスの支配を受けていた。このエリートのいわば手先である地方ボスがカシーケである。彼らは地主やその代理人、在地有力者などで、農民を支配し、聖職者、治安警備隊と組んで末端の行政機構を掌握していた。選挙時には買収、恐喝などの不正手段を用いて票の操作を行い、政府に協力する一方、その代償として、水利権を得たり公共事業を請け負ったりした。カシキズモは、選挙制度の普及とともに盛んになり、王政復古(1875)の時代に頂点を迎えたが、内戦(1936~39)までには消滅した。[野谷文昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カシキズモの関連キーワードアルベニスポートオブスペインアメリカスペイン戦争スパニッシュ封建的スペイン王宮スペイン村残存物価額スペイン速歩 (Spanish trot)スペイン風オムレツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone