カジミール マレーヴィチ(英語表記)Kazimir Severinovič Malevič

20世紀西洋人名事典の解説

カジミール マレーヴィチ
Kazimir Severinovič Malevič


1878.2.11 - 1935.5.15
ソ連(ロシア)の画家。
元・ヴィテブスク美術学校教授。
キーエフ近郊生まれ。
モスクワの絵画・彫刻・建築学校などで学ぶ。1900〜10年代まではキュビスムとフトゥリスムの融和を目指す作品を制作。「ダイヤのジャック」(’10年)などの作品がある。その後、抽象絵画へと傾斜し、「黒の正方形」(’13年)は白地の背景に黒い正方形だけを描いたもので、今日の抽象画の出発点の一つとなる。’15年純粋性を絶対とする絵画理論「シュプレマティズム宣言」を発表。’18年以降絵画をやめ、教育活動に専念。’30年代に入って抽象美術はデカダン派とされ、風当たりが強くなり不遇の時代を過ごす。雪どけ以降再評価され始めている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android