コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスルレー(子) カスルレー[し]Castlereagh, Robert Stewart, Viscount

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスルレー(子)
カスルレー[し]
Castlereagh, Robert Stewart, Viscount

[生]1769.6.18. ダブリン
[没]1822.8.12. ロンドン
イギリスの政治家。初代ロンドンデリー侯の子。 1794年以降イングランドの下院議員。アイルランド相 (1798~1801) として,イングランドとアイルランドの合同 (1800) に尽力。合同された下院に議席を得 (01~05,06~22) ,1805~06,07~09年陸軍相としてピット (小) とポートランド公の内閣にあって活躍。 09年外相 G.カニングと反目し,決闘に及び辞職。その後リバプール (伯) 内閣の外相 (12~22) として,ナポレオン1世の打倒に全力を傾注し,ウィーン会議にはイギリス全権として出席 (14~15) 。同盟諸国の対フランス復讐政策を牽制して平和維持をはかった。 21年父の死によって2代ロンドンデリー侯となったが,一般にはカスルレー子爵と呼ばれる。激務のため精神異常で自殺。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カスルレー(子)の関連キーワードウェリントン(公)リバプール(伯)アイルランドナポレオン下院六法内閣

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android