コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カターサリットサーガラ Kathāsaritsāgara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カターサリットサーガラ
Kathāsaritsāgara

古代インドのサンスクリット説話集。 11世紀頃,カシミールの詩人ソーマデーバが,説話集『ブリハットカター』に基づき,ジャランダラ国の王女の憂悶を慰めるため約 20年を費やして書いたという。 18巻2万 1388頌の韻文で書かれ,『物語の流れ入る海』という題名の示すように,350種の興味ある物語を含んでいる。古代インドの風俗,文化研究上の貴重な資料。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カターサリットサーガラ

ソーマデーバ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カターサリットサーガラ
かたーさりっとさーがら
Kathsaritsgara

古代インドのサンスクリット説話集。18編2万1388頌(しょう)からなり、350種の物語を含んでいる。グナーディヤ作の亡失した大説話集『ブリハットカター』を改作したもので、作者ソーマデーバがジャランダラ国の王女の憂悶(ゆうもん)を慰めるため、1063年から81年まで約20年を費やして書いたという。枠になる物語として、ウダヤナ王の行状記とナラバーハナ王子の行状記があり、「物語の流れ入る海」という題名に背かず、興味ある多数の挿話を包含し、古代インドの文化、社会状態を描き出している。説話文学の傑作として、また東西比較文学の立場からも重要な作品である。ソーマデーバは、北インド、カシミールの人で詩人であった。[田中於莵弥]
『岩本裕訳(抄)『カター・サリット・サーガラ』全四冊(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カターサリットサーガラの関連キーワードベーターラパンチャビンシャティカーブリハット・カターグナーディヤジャータカ説話文学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android