カッシニ家(読み)カッシニけ(英語表記)Cassinis

世界大百科事典 第2版の解説

カッシニけ【カッシニ家 Cassinis】

フランスの天文学者一族。4代続いてパリ天文台長をつとめた。初代台長のジョバンニGiovanni Domenico C.もしくはJean Dominique C.(1625‐1712)は,イタリアに生まれ,イエズス会の学校で学問を修めた後,占星術師としてボローニャ貴族の天文台に招かれる。1656年ボローニャ大学の天文学教授に就任教皇庁の天文学の顧問も兼ねる。すい星や太陽,惑星などを望遠鏡で観測し,自転周期,木星の衛星の運動などについて新しい事実を加える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android