カドルナ(英語表記)Cadorna, Luigi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カドルナ
Cadorna, Luigi

[生]1850.9.4. ピエモンテ,パランツァ
[没]1928.12.21. リグリア,ボルディゲーラ
イタリアの陸軍軍人。第1次世界大戦時の参謀総長として東部国境の対オーストリア戦の作戦指揮をとったが,1917年秋のカポレットの戦いでの大敗の責任を問われて更迭され,18年に引退。しかし 24年元帥に叙せられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カドルナ【Raffaele Cadorna】

1815‐97
イタリアの軍人。ピエモンテ地方の貴族の家に生まれる。はじめサルデーニャ王国の士官学校に入学するが,適応できず退学,結局18歳の時に工兵隊に志願して軍人となり,有能な政治家である兄カルロの影響をうけて,軍隊の組織化と政治的な調整に能力を発揮する。1848年にオーストリアとの独立戦争のさ中にあるロンバルディアで,工兵隊の編成を手がけたのをはじめ,59年のトスカナや61年のシチリアのように,サルデーニャ王国への併合の前後の混乱期にある地域での軍隊の再編,秩序の回復にあたり,成果をあげる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android