コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヌート カヌートCanute(Knud), the Great

3件 の用語解説(カヌートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヌート
Canute(Knud), the Great

[生]995.2.3.
[没]1035.11.12.
デンマーク王 (在位 1014~35) ,イングランド王 (在位 16~35) ,ノルウェー王 (在位 28~35) 。クヌート,「大王」とも呼ばれる。父のデンマーク王スウェイン1世とともにイングランドへの侵入を繰返した。イングランド王アゼルレッド2世の暗殺 (16) により事実上の支配者となり,同王の妃エマと結婚 (17) ,王選立権をもつ賢人会議によって,正式のイングランド王となった (17) 。兄の死 (18/9) によって単独のデンマーク王となり,ノルウェーを征服して短期間ながらノルウェー王として承認された (28) 。スウェーデンの一部を含む大アングロ・スカンジナビア王国を創建した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

カヌート【Canute】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

カヌートの関連キーワードクヌートクヌート長徳クヌット[2世]人工林藤原道兼日本の森林商業捕鯨と調査捕鯨イスパルタ左経記

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カヌートの関連情報