カネシュ(英語表記)Kanesh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カネシュ
Kanesh

カッパドキアのカイセリの北 20kmに位置する古代都市。現トルコのキュルテペ (→キュルテペ遺跡 ) 。 1925年チェコのアッシリア学者 B.フロズニーによって多くの粘土板 (カッパドキア文書) が発見された。 48年発掘が再開され,さらに前 2000年代の粘土板文書数千枚が発見され,この時期にすでにインド=ヨーロッパ語族のヒッタイト人がこの地域に定住し,土着のアナトリア人と同化しつつあったことが明らかになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android