コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバナトゥアン カバナトゥアンCabanatuan

2件 の用語解説(カバナトゥアンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カバナトゥアン
カバナトゥアン
Cabanatuan

フィリピン,ルソン島中央部,ヌエバエシハ州の市。旧州都。パンパンガ川の左岸にのぞむ。穀倉地帯であるルソン中央平野東部の商業中心地で,米の一大集散地。マニラからルソン島北部の各地に向う道路の分岐点で,マニラと鉄道も通じている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カバナトゥアン【Cabanatuan】

フィリピン,ルソン島最大の穀倉,中部ルソン平野中東部の商業都市。人口規模は20万1000(1995)と小さいが,ルソン島東岸部に通ずる数少ない道路がここから発すること,北部ルソンと国道5号線で結ばれていることから,ルソン島中央部から北部,東部にまたがる交通・商業の一大センターとしての機能をもち,〈最大の小都市〉の異名をとる。1950年に特別市に昇格,65年までヌエバ・エシハ州の州都であった。【梅原 弘光】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カバナトゥアンの関連情報